活動報告

千葉市議会議員 山本直史 活動報告
2017年2月6日

日本再生のためには女性が活躍できる環境づくりがカギだ

千葉市議会議員 少子高齢化

千葉市議会議員+千葉から日本を元気にする
山本直史です。
 
本日は千葉市内のホテルで京葉5市(千葉市・船橋市・習志野市・市原市・八千代市)の議長連絡協議会主催の議員合同研修会が開催された。
 
テーマ:「人口減少社会における女性の活躍」
講 師:宮島香澄(みやじまかずみ)氏(日本テレビ報道局・解説委員)
 
今回の講演ではこれからの「人口減少社会」においても、日本の活力を失わずに持続可能な社会を実現するためには「女性の活躍」が必要不可欠だという内容だ。
 
日本の人口動向に対する政府の統計資料や、これから女性の活躍を実現するための戦略など、具体的な考えや数字を用いられた非常に示唆に富む講演だった。
 
厳しい視点で見れば、日本はこれまで有効な少子化対策を打つのが遅れただけでなく、女性が子育てをしながらでも企業で活躍できるような「働き方改革」を進めてこなかった。
(まったくの無策だったとは言えないが、大きな成果をあげたとまでは言えなかった。)
そのような環境下で、第二次ベビーブーム世代がいよいよ全員が40代となった今、どのような手を取れば良いのか、または現実的に今から打つことの出来る手段や具体策はを取ることの出来ることは何があるのかを新しい視点でお話いただいた。
 
本日の講演で僕がポイントだと感じたことは「女性が活躍できる社会」をいかに社会全体で実現するかだが、既に時代は「男は外で働き女は家を守る」という時代では無くなっていることだ。
 
宮島氏はご自身が報道機関の第一線で活躍しながらも、子育てをされてきた体験などを踏まえながら、下記の順番でお話いただいた。
 
講演テーマ「人口減少社会における女性の活躍」
・日本の人口減少の現状
・女性の活躍が経済成長に直結
・女性活躍・先端企業の悩み
・女性の活躍推進、カギは男性
・男性も女性も地域で活躍
 
本日の研修の学びを、このブログを通じて発信して行きたいと考えている。

関連のある記事