活動報告

千葉市議会議員 山本直史 活動報告
2016年6月24日

【重要】本日、千葉市に「指定廃棄物が存在しない」ことが確定

指定廃棄物 放射能濃度

千葉市議会議員+千葉から日本を元気にする
山本直史です。

 

これまで千葉市が保管してきた「指定廃棄物」の放射能濃度を
環境省から指定された方式で厳正に測定した結果、
これまで「指定廃棄物」とされていた、すべての指定廃棄物が、
その要件である8,000ベクレル以下になったことを確認した。

 

千葉市としては指定基準を下回っていることが確認できたことから、
来週中に環境省に「指定廃棄物の指定取り消しの申し出書」を提出する予定とのことだ。

 

当面は現状通り新港清掃工場内での保管を継続し、適正に管理し、
その後の処理についても処理方法や処理先を検討し
適正に処理して行く予定とのことだ。

 

以上、取り急ぎのご報告でした。
まずは良かった…。

 

※指定廃棄物の放射能濃度測定結果
ばいじん→4,020ベクレル/キロ
ゼオライト→6,100ベクレル/キロ

20160624

関連のある記事