活動報告

千葉市議会議員 山本直史 活動報告
2016年3月29日

千葉市男性の平均が週24.5時間育児にかかわれるか?

人口ビジョン 議会質問

千葉市議会議員+千葉から日本を元気にする
山本直史です。
昨日からの続きになります。

  

質問:まち・ひと・しごと・創生人口ビジョン・総合戦略について

~一般質問3月15日~
(2回目質問  その3)

 

次に、左端番号「⑭」をご覧ください。
14-15
これは「子供が地域の大人たちに見守られながら育っている」という
政策評価32.3%という数字を平成31年に39%にするというKPIです。
私はこれも少し漠然としていると感じています。

 

というのは、やはり気になるのはこの「問い」の立て方 なのかも知れません。

「子供が地域の大人たちに見守られながら育っている」
このこと自体を決して否定するつもりはありません。

 

むしろ、いわんとしている意味は十分に理解できます。
これはどこをどうすればより確実に実現するのでしょうか?

 

例えば、子どもたちの学校の登下校を見守るボランティアの
セーフティウォッチャーさんの数をもっと増やすことなのか、
それとも青少年育成委員会の活動をさらに強化することなのか、
はたまた、現在本市が進めている各地域における地域運営委員会の
早期の立ち上げなのか、それとも、実はPTA活動の活性化なのか・・・

 

つまり、どこをどのように努力すると、
この「32.3%」という数字が 平成31年度に「39%」になるのか
この指標が現在から 6.7%上がるのかが分かりにくいということと、

 

逆に言えば、この数字 が高くなることで、
どう2060年の千葉市人口ビジョン84万7千人 という「千葉シナリオ」に近づくのかを知りたいわけです。

 

しかし、今回は時間が無いので次に行きます。
それでは、左端番号「⑮」をご覧ください。

 

それではこの項目は質問を致します。
何かと言えば、これは私にも十分関係するものです。

 

つまり、「男性が1週間で育児に関わる時間」です。これは過去の調査においては、
1週間で約21時間という 調査結果でしたが、
実はそれが平成26年度には約18時間に 3時間減少しているという傾向になっています。

 

しかし、今回はこれを平成31年度には約24.5時間にするという
結構高く感じるKPIを設定しているわけです。

 

現状よりも1週間あたりの男性の育児参加時間を平均6時間 増やすということは、
とても価値のあることではありますが、 同時に相当大変なことだと感じます。
つまり、今後千葉市が行う各種施策や事業を推進することに よって
現在の「18時間」が5年後に「24.5時間」になると考えている 根拠をお示しください。
また、それを実現させるための具体的アクションや、今後予定して いる事業によって、どのように達成しようとしているのかを伺います。
よくよく冷静に考えてみると、一日あたりの育児時間が3.5時間 ということですよね・・・。

決して堂々と言えることではありませんが、

今の僕自身の一日の 時間の使い方で考えると、僕自身がこの平均時間を達成するのは
本当に厳しいです。

 

続けて、左端番号「⑯」をご覧ください。

 

これは、「子供が地域などで意見を述べる場・発言する場がある」
というものです。この場合は「場がある」という表現になっているので例えばですが、
物理的な「拠点となる場所」の数が現状6か所であるのを12カ所に
倍増させるというKPIであれば、ある意味でとても理解がしやすいです。
しかしこの部分のKPIがまた曖昧な「%表示」になっているわけです。
具体的には現在の「12.8%」という数字を5年後に「22.5%」にする
というKPIでは、何をどのようにすることで、その目標が具体的に実現 できるのか、そしてそのPDCAを検証することで次のアクションにつなげて
行けるのかがちょっと理解しにくいわけです。
(続く・・・)

 

【↑2回目質問 その③】

 

  
  
【山本の視点】 
この「まち・ひと・しごと・創生人口ビジョン・総合戦略」に関する
2回目の質問がまだ続いていますし、もう少し残っています。
さすがに、ひとつのブログ記事に書くにはさすがに話題や文字数が 多くなりすぎるため、ブログをお読みになられている方にもちゃんと 理解されにくいと考え、
引き続き分割して書くように致します。
今回の一般質問では「一括質問/40分」という通告をしています。
この40分間の中で、4つのテーマについて質問を行っていますが、
「一括質問」では議員の側から当局側に「質問に立てる」のは3回 までと決められています。
ここで整理する意味で、今日のブログ記事がどのような段階に あるかを書かせていただきます。
   

今回の40分の一般質問で行う質問テーマは下記の4テーマです。
①国家戦略特区について
②千葉市まちひとしごと人口ビジョン総合戦略について
③学校環境の整備改善について
④市役所業務の推進体制について

 

既に「①」の国家戦略特区については全てのやり取りをブログに
書き終えており、今は「②」の「まち・ひと・しごと・・・人口ビジョン」に
ついての2回目の質問について、分割して書いている段階です。
僕はこの「KPI設定」については非常に重要だと考えているため、
資料を見ながらたくさん気づいた点があったので、順次質問をする 予定でしたが、
あまりにも持ち時間が少なくなってしまうので、
実際の質問の時には飛ばした部分もあります。
ただ、このブログに書くことであれば、
順を追って、質問の際に 僕が準備した内容についてもお伝えが出来ると考え、
記事を書いています。
実際に2回目の質問を行ったのは「4問」なのですが、
その質問は これから後に出てきます。

関連のある記事