活動報告

千葉市議会議員 山本直史 活動報告
2016年3月31日

実現できる計画か?絵に描いた餅か?

まち・ひと・しごと創生総合戦略 一般質問 人口ビジョン 千葉市 総合戦略 議会質問&答弁

千葉市議会議員+千葉から日本を元気にする
山本直史です。

 

千葉市まち・ひと・しごと・創生人口ビジョン・総合戦略について

 

~一般質問3月15日~
(2回目:まち・ひと・しごと質問&答弁)
【千葉市まち・ひと・しごと・創生人口ビジョン・総合戦略について①】
周辺自治体との連携事業の内容や規模がわからず、

「延べ5事業」とのKPIは、漠然としていないか?

 

【答弁:総合政策局長】
この度の、本市「総合戦略」に示す、「“ちば”共創都市圏」の考え方は、

本市自身が保有する機能、果たすべき役割をしっかりと認識し、

今後、積極的に地域連携を行っていくという意思を表示するべく掲げたものです。

これを「足掛かり」として、取り組んでいく事業により

得られた実績を波及、深化させていきたいと考えています。

その段階に至れば、より具体的な指標の設定も検討します。

【千葉市まち・ひと・しごと・創生人口ビジョン・総合戦略について②】

男性の1週間の育児時間を平成31年度に24.5時間とするKPIについて、

何にもとづき、どうこれを達成しようとしているのか?

 

【答弁:総合政策局長】

この指標数値は、新基本計画に基づく政策評価制度の平成29
年度末目標値と33年度末目標値の中間値を採ったものです。

将来に向けて、本市の「まち・ひと・しごと創生」を実現していくためには、

男性の積極的な育児への関わり、

これがまさに普通に行われていくようにすることが必要と考えています。

様々な子育て支援策の充実を図っていくなかで、

「イクメン」「イクボス」の取組みを広げるなどの積み重ねにより、

これを達成に導いて参りたいと考えています。
【千葉市まち・ひと・しごと・創生人口ビジョン・総合戦略について③】

自主防災組織加入世帯の割合について

具体的にどのような施策を行うことで実現できるか?

 

【答弁:総合政策局長】

自主防災組織結成率については、地域の防災体制に係る代表的な指標であり、

市民の取組みにより、指標数値の向上が可能であるため、

「高め」「きつめ」の設定を行っています。

 

近い将来発生が予測される首都直下地震などに備え、

市民や各種団体と「防災」「減災」に対する意識の共有を進め、

また、各区役所が実施している説明会での案内や

市政出前講座での自主防災組織の結成に向けた働きかけなど、今後も取り組みます。

 

【千葉市まち・ひと・しごと・創生人口ビジョン・総合戦略について④】

まち・ひと・しごと創生会議の委員以外の具体的な働きかけはどのように考えているのか?

 

【答弁:総合政策局長】

「産・官・学・金・労・言」との連携は、戦略等の策定のみを目的とするものではなく、

事業の立案、実施、効果の検証など、

様々な局面での意見交換や協力を通じて実績を重ねていくことで、

初めて成果が表れてくるものと認識しております。

 

今回、千葉市まち・ひと・しごと創生会議に参画いただいた、
各分野の委員を通じた連携につきましては、今後も継続、充実を図ります。

 

しかしながら地方創生の取組みは、行政のみならず、

市民、団体、企業など都市全体が力を合わせて取り組むことが重要であり、

本市で事業展開する民間事業者や関係団体との意見交換や、

様々なチャンネルを通じた市民への働きかけも含め、

都市、地域社会をあげた取組みを進めて参ります。

 

【山本の視点】

 

今回の2回目の質問では様々な視点から質問を考えましたが、
結果的に「質問」にしたのは上記の4つでした。

この「人口ビジョン総合戦略」の計画策定をしている部局が
総合政策局のため、答弁は総合政策局長からとなっております。

しかしながら、計画の中身や考え方については、

それぞれの「目的」を達成させるために計画を立て、

事業を行っている所管局に質問を行い、

答弁を求める方が具体的な答弁があったかも知れません。

 

しかし、その場合、

「千葉シナリオ」といわれる「2060年に千葉市人口が84万7千人」を実現するために、

どのように目標達成に向けた進捗管理を行うのか?とか、

それぞれの所管局が実施している各種事業は、

ちゃんと「千葉シナリオ」の実現に向けて、

施策の効果が検証できるようになっているのか?

というような視点で質問をした場合、

やはり意味のある答弁を引出せないとも考えられます。

 

空1

関連のある記事