活動報告

千葉市議会議員 山本直史 活動報告
2015年4月8日

それは議員でなければできないのか。

候補者の意識 千葉から日本を元気にする 有権者の意識

「千葉から日本を元気にする」。

その最大の敵は、「きっと誰かやってくれる」という他力本願的な考え方を持つ人の多い社会そのものです。

政治家は選挙で落選すればタダの人です。従って立候補した以上、自分の選挙に不利になることをあえて積極的に訴える候補者は少ないでしょう。仮にそれを訴えてその候補者が当選しても、そのような議員だけでは社会変革が起きないことなど多くの有権者は知っています。

つまり問われているのは「有権者の意識」であり「候補者の意識」。

その最大の問題は、有権者が市議会議員に何を求め期待するか。役割は一体どのようなものだと考えているか。そんな「市議会議員の仕事とは何だ」という点にいきつくのです。議員のメリットは、少なくとも一般の生活者よりも、「行政当局から正しい情報を、いち早く取得することができる」ことはもちろん、自治体の置かれている状況、取り組んでいる状況を正しく理解し、課題がどこにあるのか的確に理解できるポジションです。

11076824_434918146673421_2113447632192720120_o

関連のある記事

関連記事はありません。