活動報告

千葉市議会議員 山本直史 活動報告
2018年3月21日

公園は無限の可能性を秘めている

一般質問 千葉市議会 議会 議会質問&答弁 質問

~平成30年第1回定例会(一般質問)~

【都市公園のあり方について【

 

【山本の意見&要望】

 

都市公園については、私たち市民にとって、無限の可能性を秘めた「宝」であり財産ですから活用しきれていないのはとてももったいなことです。

これからの公園は、ただ存在するだけでなく、そのポテンシャルをもっと活用して行くべきだと思いますし、公園が本来持っているポテンシャルを最大限に発揮させるためには、大小様々な公園がそれぞれの地域で、その地域に適した使われ方をするのが最も理想的だと思います。

その実現のためにはこれまでとは発想を転換し、地域住民や公園利用者、民間事業者が、秩序を持って主体的に公園の管理運営や事業の展開に関わっていく必要があると思います。

私は多くの人に広く受け入れられることであれば、公園で、出来ないことは無いと考えています。

千葉市には、未来のあるべき公園の姿を描いた上で、私たちの宝である公園を最大限活用するために、多様な主体による新しい事業や自由な活動を受け入れるなど、大胆ではあるものの、きめの細かい公園運営を目指していただきたいと思います。

また、民間との連携にあたっては、民間事業者が公園を活用しやすくするように行政がサポートする代わりに、事業者の収益を他の公園に対して直接還元できるようにするなど、公共と民間との連携が、「公園」を通じてさらに加速するような取り組みを進めていただくことを要望致します。

関連のある記事