活動報告

千葉市議会議員 山本直史 活動報告
2018年3月19日

千葉公園再整備における民間事業者との連携について

一般質問 千葉市議会 議会 議会質問&答弁 質問

~平成30年第1回定例会(一般質問)~

【都市公園のあり方について】

 

千葉都心の活性化の拠点として期待される千葉公園においては、千葉競輪場の後継施設となる(仮称)千葉公園ドームや新体育館の整備が決定し、プールの再整備も検討されると聞いています。

さらには、再整備される各種施設の整備効果を高めつつ、公園全体の活性化を図るため、来年度には、千葉公園の将来像を描いた上で、ハード面では、他にどのような施設を整備するのか、またその整備手法はどうするのかなど、ソフト面では管理運営方針や具体的な方策などを定める「千葉公園再整備マスタープラン」を策定するとのことです。

このマスタープランを策定する際は、「民間事業者との連携」が非常に大切になると思います。

民間事業者との連携による事業展開を行う際は、千葉公園ドーム、新体育館、プールといった大型の施設が整備されることが予定されていることから、それぞれを個別に考えるのではなく、例えば、それぞれの施設に供給するエネルギーを一元化するという視点で、エネルギー面での一体的な事業提案が出来るようにするなど、千葉公園の再整備を未来に向けた先導的な取り組みを行う、未来志向のモデル事業となるよう取り組んでいただきたいと思います。

そこで伺います。

【質問3】

千葉公園の再整備において、民間事業者との連携についてどのように考えているのか?

スクリーンショット 2018-03-26 23.36.14 スクリーンショット 2018-03-26 23.36.31

関連のある記事