活動報告

千葉市議会議員 山本直史 活動報告
2017年5月3日

日本国憲法について、改憲か護憲か

時事ニュース

 

山本直史です。

 

今日は日本国憲法の施行から70年目を迎えた憲法記念日です。

 

自衛隊の存在を含めた憲法9条の解釈などを巡って世論調査でも「改憲派」と「護憲派」とに分かれています。

 

「憲法9条があるから、今の平和な日本がある」という主張をされる方もいらしゃいますが、尖閣諸島をめぐる中国との関係や北朝鮮による核開発とミサイル技術の向上などによる挑発行為など、日本を取り巻く環境が変化して来ているのは事実です。

 

それでも日本が70年間他国から武力によって攻撃されることなく平和な社会を築けたのは日米安保の存在と、自衛隊の存在が大きいと考えております。

 

そして、日本国民の誰も戦争などしたくないと考えているはずですし、未来永劫平和な社会が続くことが願っているとも思います。

 

「憲法」について現時点での僕の考え方は、仮に「改憲派か護憲派か?」と問われたら、「絶対に護憲だ!」という考え方ではありません。

 

積極的に「改憲すべき!」と考えているわけではありませんが、少なくとも今の日本は戦後70年前とは異なる新しい価値観が生まれてきたリ、日本を取り巻く環境も変わってきている中で、「憲法が70年間一度も改正されて来なかった」ことについて、これからの日本の未来を見据えながら、いろいろな角度から議論を深めても良いと考えています。

 

しかし、個人的には憲法の「改憲派」と「護憲派」によって、日本が二分化されることや、改憲について「議論」さえしないことが延々と続くことは良くないと考えています。

 

 

 

関連のある記事